News

2012
04.06

Refractive index distribution lens (FOCUSROD) was developed.

FOCUSROD(フォーカスロッド) -屈折率分布レンズ-の特長

  • ・屈折率が光軸中心から半径方向に徐々に低下している、
      ラジアル型の屈折率分布レンズです。
  • ・視野角が広く、色収差が小さいという特長があります。
  • ・単レンズで優れた結像特性を持ちます。
  • ・形状は円柱です。
      端面がフラットなので、細い内視鏡の対物レンズとして最適です。
  • ・屈折率分布は、ガラスロッド内の銀イオンを
      アルカリ金属イオンにイオン交換することによって形成されます。
  • ・RoHS指令規制6物質を含みません。

仕様

型式 FR-80 FR-70 FR-65
直径 0.350+0/-0.005 0.350+0/-0.010 0.350+0/-0.010
レンズ長 0.732±0.050 0.762±0.050 0.780±0.050
解像度 400LP/mm以上@中心、150LP/mm以上@外周
倍率 1:23 1:20 1:18
視野角 80±2° 70±2° 65±2°
作動距離 5.0mm
像面湾曲 40µm以下 30µm以下 25µm以下
色収差 15µm以下
中心屈折率 約1.674 約1.665 約1.660
収束パラメータ 約2.21 約2.11 約2.08
  • ※ 像面湾曲は、レンズ中心と外周における結像点の差分距離です。
  • ※ レンズ端面内におけるチッピングやカケの許容範囲は、半径の90%より外側です。
製品についてのご相談・お問い合わせ
to page top