ナゼ太郎の部屋

昔のお話 -製品のできるまで-

昔のお話画像
  • 昔の坩堝(るつぼ)のつくりかた

    昭和28年、ガラス熔解を開始した当時の熔解方法は、
    粘土でつくられた素焼きの坩堝(るつぼ)にガラス原料を入れ、
    重油炉で熔解するというやり方でした。
    熔解には1昼夜を要し、数人の作業員が徹夜で作業するという、
    男の職場でした。
    使用される粘土坩堝も社内の一角で作られていましたが、
    ほとんど手作業で、乾燥して仕上げるまで6ヶ月ほどかかりました。
    写真は 自然乾燥中の坩堝です。
    この坩堝は使い捨てで1回の熔解で1つ使用されます。

    昔の坩堝の写真
  • 昔の熔解
    1200℃以上の高温です。
    中のガラスはドロドロした飴のようです。
    1回の熔解で1〜2t(つくるガラスの比重によって重さが違います)のガラスが熔解されます。
    • 熔解炉から取り出される坩堝の写真
      熔解炉から取り出される坩堝。
    • 徐冷炉に移される灼熱の坩堝の写真
      徐冷炉に移される灼熱の坩堝。
    • 徐冷炉に移される灼熱の坩堝の写真
  • ※ 写真はいずれも昭和30年代のものです。

    ナゼ太郎の部屋へ戻る
    ページ先頭へ