光ファイバー

ライトロッド コンジット

ライトロッド コンジットはオプティカルガラスファイバーと同様の
コアとクラッドからなるニ重構造でできていますが、
直径が太いのでフレキシブルではありません。
しかし、加熱して光路を曲げたり、先端径を細くするといった加工が可能です。
ガラスロッド、シングルロッド、コンジット、テーパコンジットの4タイプがあり、短距離での光伝達、耐熱性に優れています。

  • ガラスロッド:シングルロッド等とは異なり、一重構造のガラス棒
  • シングルロッド:単繊維状の光ファイバーガラス棒
  • コンジット:多数の細い光ファイバーを束ねて熔着されたロッド状の光ファイバー
  • テーパコンジット:一端の直径と他端の径の異なる円錐形の光ファイバー
ライトロッド コンジット画像

仕様

形状 ガラスロッド シングルロッド コンジット テーパコンジット
素線 多種 SOG-70S SOG-70
NA 多種 0.57
充填本数(本) 1 1900〜1950
外径 φ0.5〜10 φ1〜10 φ2〜13 φ1.5〜13
長さ 2〜900mm 2〜1000mm 2〜300mm 10mm〜御相談
製品についてのご相談・お問い合わせ
  • tab_01
  • tab_02
光学ガラス
光ファイバー
光システム
ページ先頭へ