光学ガラス

SC 504/SCM 504

  • SUMITAの近赤外線吸収フィルターには、
    SC 504とそれよりシャープな吸収特性をもつSCM 504の2種類があります。
  • 2種類のフィルターガラスは共に長期間の使用でも可能な
    化学的耐久性、耐湿性を持っています。
  • 近赤外線域においては効率の高い吸収を行い、
    可視域においては高い透過率を示します。
  • CCDやCMOS等の固体撮像素子の分光感度が可視域から近赤外域に
    わたっているとき、それを通常の視感度に補正する時などに多く使われています。
赤外線吸収フィルター画像

仕様

SC 504 SCM 504
光学的性質 屈折率(nd) 1.5291 1.53063
熱的性質 転移点 Tg(℃) 508 502
屈伏点 At(℃) 556 545
線膨張係数(α×10-7)
(-30〜+70℃)
66 71
線膨張係数(α×10-7)
(+100〜+300℃)
81 87
化学的耐久性 粉末法 耐酸性 RA 1 1
耐水性 RW 1 1
表面法 耐久性 DW 1 1
その他の性質 比重 S.g 2.62 2.64
機械的性質 ヌープ硬さ HK(N/㎜²)
(ランク)
433
(4)
503
(5)
ヤング率 E(×108N/m²) 794 782
剛性率 G(×108N/m²) 325 319
ポアソン比 σ 0.222 0.227

分光特性図

分光特性図
製品についてのご相談・お問い合わせ
  • tab_01
  • tab_02
光学ガラス
光ファイバー
光システム
ページ先頭へ