会社沿革

  • 1953(昭和28年)

    住田光学工業(株) の従来から有する光学ガラスをレンズ素材に成形する技術を活用し、また、後の光学業界の発展を予想して、光学ガラスの熔融を目的に (株)住田光学硝子製造所を設立。

  • 1961(昭和36年)

    カメラ用レンズ素材に進出する目的でLa系光学ガラスの熔融開始。

  • 1966(昭和41年)

    多成分系光ファイバーの開発に着手。

  • 1970(昭和45年)

    田島田部原工場の開設と超音波遅延線ガラスの熔融を開始。

  • 1971(昭和46年)

    公害規制物質であるカドミウムを含まないカドミウムレスガラスを開発。

  • 1973(昭和48年)

    液晶用スペーサーガラスを開発。

  • 1974(昭和49年)

    カドミウムと同じくトリウムレスガラスを開発。

  • 1978(昭和53年)

    高性能双眼鏡プリスム用ガラスであるBPG2を開発。

  • 1979(昭和54年)

    弥五島工場を開設するとともにヨーロッパ市場に進出。

  • 1981(昭和56年)

    米国市場に進出するため米国駐在員事務所を開設。

  • 1984(昭和59年)

    ダイレクトプレスによるレンズ素材の成形を開始。

    ハンドプレス部門を別会社に移管、南会光学(株) を設立。

  • 1985(昭和60年)

    松下電器産業(株) 開発研究所と共同で研磨不要の超精密ガラスによる非球面レンズを開発。

    田島長野工場を開設。

  • 1986(昭和61年)

    日刊工業新聞社主催「十大新製品賞」を受賞。

    薄膜磁気ヘッド用ガラスセラミック基板・化学切削用感光性ガラス・同セラミック・ 特殊形状シーリングガラス等を開発、営業活動を開始。

  • 1987(昭和62年)

    ホタル石にかわる光学ガラス「ホタロン」を開発。

  • 1988(昭和63年)

    低価格ファイバースコープ「ミエラー」の販売を開始。

    「ホタロン」が米国専門誌Photonics Spectra主催「1回ベスト25優秀製品賞」を受賞。

    社名を (株)住田光学ガラスに変更。

  • 1989(平成元年)

    異常部分分散性ガラス「ガドロン」を開発。

    「フッ化物光ファイバー」で「第1回中小企業優秀新技術・新製品賞奨励賞」を受賞。

  • 1991(平成3年)

    多成分系ガラスファイバースコープ「ミエラー細径」で 「第3回中小企業優秀新技術・新製品賞」を受賞。

  • 1992(平成4年)

    「非球面ガラス成形レンズ」で「第24回市村産業賞功績賞」を受賞。

    「非球面レンズ用プリフォーム材料」を開発。

    赤外線チェッカー「フォトターキー」を開発。

  • 1993(平成5年)

    赤外線チェッカー「ヤグターキ−」を開発。

  • 1994(平成6年)

    世界初の透明結晶化ガラス製の赤外線チェッカー「ヤグラス」を開発。

  • 1995(平成7年)

    「ガドロン・スーパーガドロン」が (財)日本発明振興協会と日刊工業新聞社共催の 「第20回発明大賞」を受賞。

    ヤグラス」が「第7回中小企業優秀新技術・新製品賞奨励賞」を受賞。

  • 1996(平成8年)

    インターネットにホームページ開設。

    福島県田島町に光学ガラス熔解工場を増設。

    同じく田島町に光ファイバスコープ専用工場を増設。

  • 1997(平成9年)

    ルミラスB」が「第9回中小企業優秀新技術・新製品賞」を受賞。

    同じく「ルミラスB」が米国Photonics Spectra誌主催の 「ベスト25優秀製品賞」を受賞。

  • 1998(平成10年)

    光を蓄えて発光する「蓄光ガラス」を開発。

    磁石がくっつくガラス「磁性ガラス」を開発。

  • 2001(平成13年)

    福島県田島田部原工場内に非球面レンズ製造工場新設。

  • 2002(平成14年)

    「スーパーヴィドロン K-PG325」が 米国Photonics Spectra誌主催の「2002年ベスト25優秀製品賞」を受賞。

  • 2003(平成15年)

    「スーパーヴィドロン K-PG325」が 「第15回中小企業優秀新技術・新製品賞・ 中小企業庁長官賞」を受賞。

  • 2004(平成16年)

    屈折率2を超える光学ガラス K-PSFn2を開発。

    6月15日 天皇陛下が浦和工場をご視察。

    ISO14001認証取得。

  • 2005(平成17年)

    ドイツ・ニュルンベルグ市に現地法人 Sumita Optical Glass Europe,GmbHを設立。

  • 2006(平成18年)

    1本で青色半導体レーザを白色レーザとして連続発振するフッ化物ファイバーを開発。

    経済産業省・中小企業庁が刊行した「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される。

  • 2007(平成19年)

    「青色半導体レーザーと光ファイバーを利用した白色光源」が、日経BP社主催 「2007年 (第17回) 日経BP技術賞◇電子・情報家電の部」の部門賞受賞。

  • 2009(平成21年)

    ガラス封止LEDで超モノづくり部品大賞・日本力(にっぽんぶらんど)賞受賞

  • 2010(平成22年)

    田島工場で「医療機器製造業許可」取得。

    課題解決型医療機器等開発事業への参画。

  • 2012(平成24年)

    ISO9001認証取得。

    ふくしま医療福祉機器開発事業費補助金への参画。

  • 2013(平成25年)

    田島工場でISO13485認証取得。

    田島工場で「医療機器修理業許可」取得。

    田島工場で「動物用医療機器製造業許可」取得。

  • 2014(平成26年)

    田島工場で「第二種医療機器製造販売業許可」取得。

    「Teluna-LED head light-」が2014年度消防防災科学技術賞の「優秀賞」を受賞。

  • 2017(平成29年)

    「高度医療機器等販売業・貸与業許可」取得。

    九都県市首脳会議において「九都県市のきらりと光る産業技術賞」を受賞。

  • 2018(平成30年)

    経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定される。